起業前にしておきたいこと

個人事業としてスタートするか会社を設立してスタートするか

個人として活動するか法人として運営するかは一長一短です。また、法人の場合には社名を前面に押し出す必要の有無で株式会社が良いか合同会社が良いかの検討も必要となります。

個人事業主 法人
① 設立費用 不要 10万円〜30万円
② 自身への給与 経費とならない 経費となる
③ 生命保険の活用 節税効果は低い 節税効果は高い
④ 赤字の場合の税金 0 約7万円
⑤ 赤字の繰越 最大3年 最大9年
⑥ 社会的信用 一般的には低い 一般的には高い

事業計画書の作成

融資を受ける予定がなくても、頭の中で思い描いているイメージを具体的に書き出すことで、事業が本当に成り立つかどうかという実現性を高めてくれます。

創業融資・補助金の検討

起業前にしておきたいこと起業する際には、設備投資資金・運転資金・生活資金を用意しておく必要があります。しかし、これらの全てを起業時に用意している方は多くありません。

そこで、設備投資資金や運転資金を賄うために創業融資や補助金を受けるかどうかの検討をします。特に、返済不要の補助金は是非申請されることをオススメします。

税務署や県・市への届出書の提出

書類の提出期限は待ってはくれません。特に青色申告の申請書は税務メリットが大きいので注意が必要です。

TEL:0532-87-4630 メールでのご相談・お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。