起業支援

起業する人は30代・40代が最も多い

日本政策金融公庫総合研究所の調査によれば、起業時の年齢は30代が35.8%で最も多く、次いで40代の34.2%となり、全体の7割を占めています。一方、30代の税理士というのは税理士全体のわずか1割程度しかいません。若い起業家にしてみれば、一番不安な時期に気軽に相談できる相手がなかなか見つからないのが現状です。

起業する人は聞きたいことがたくさんある

「これまでの仕事の経験・知識・資格を活かしたい!」との想いから起業に踏み切る方も多いです。当然、ご自身のいた業界のことはお詳しいのですが起業すれば経営者です。

勤務時代には必要としなかった様々な知識が必要となります。特に「経理・税務・法律などの知識」に不足を感じている方が多いです。

常について回る課題

「資金繰り」、「販路の開拓」という課題は起業時だけでなく、起業後も引続き課題となってきます。また起業後は「従業員の確保・教育」という新たな課題も出てきます。課題は早いうちにクリアにしておいた方が、後々ご自身が楽になります。

個人事業主で開業か会社で開業か

最初は”個人”と”法人”どちらを選択しても良いと思います。ただし業種によっては法人格がないと仕事が取れない場合もありますし、そうでなければ会社設立の分だけ余分に開業資金が必要となります。会社の”社長”という肩書きがモチベーションとなる場合にはいきなり会社を設立しても良いでしょう。

起業前に税理士に相談するメリット

今はインターネットで手軽に情報を得られますが、そればかりに頼ってしまうのは少々危険です。私はその辺によくいるごくごく普通の30代の男子です。後々、「もっと早く相談しておけば・・・」とならないようにお早めにご相談ください。

TEL:0532-87-4630 メールでのご相談・お問い合わせ